当サイトはInternet Explorerに対応しておりません。より性能のよい、下記のようなブラウザを使ってみませんか?

IE in the grave
記事一覧に戻る

Apple Siliconでsharpを動かす

Apple Silicon でsharpを動作させるには、少々工夫が必要です。(2021/02/10 現在)

前提

ARM 版の Node.js, Homebrew, Docker がセットアップ済みであること

方法その1 ローカル環境で使う

  • 単に brew でvipsをグローバルにインストールしておけば OK です。
  • Command line tools for Xcode を事前に入れておきましょう。そうしないと、インストール時にgccをソースからビルドしようとしてものすごく時間がかかります
xcode-select --install # CLTが未インストールの場合のみ
brew install vips

以下、古い情報

Docker を使わずに、ローカル環境でsharpを使えるようにする方法です。 この方法を取る場合は、ソースからlibvipsをビルドし、グローバルにインストールして、sharpに使用させる必要があります。 ただ、この方法だとランタイムにおいてエラーが出たりしたので、おすすめは後述の Docker を使う方法です。

参考

ビルドに必要なライブラリを追加

brew install pkg-config glib zlib

libvipsの optional-dependenciesをみながら必要なものをインストールする。

# 例えばjpeg, png, webpを扱うなら
brew install libjpeg-turbo libpng webp

# うちの環境では途中でコケることがありました。
# もう一回コマンドを実行すると成功したので、原因がよくわかりませんでした。

libvipsのソースをダウンロードして解凍したのち、以下を実行する

PKG_CONFIG_PATH=/opt/homebrew/Cellar/zlib/1.2.11/lib/pkgconfig ./configure
make
sudo make install

なお、近いうちに何も考えずに使えるプレビルトバイナリが準備されるはずなので、 その暁にはグローバルインストールしたlibvipsを消しておきましょう。 余計なトラブルを避けるために。

# vipsのソースフォルダで
sudo make uninsatll

方法その2 Docker 環境で使う

Docker 環境ならば何も考えずにいけるかと思いきや、やはりビルドに失敗します。これは、 Node.js の ARM64 版イメージのglibが、sharp のビルド環境に適合しないためだそうです。

参考

解消するためには Debian の最新版である bullseye(未リリース)を使えば良いのですが、Node.js の公式としてはリリースされていません。 そのため、Node.js を使える bullseye の環境を自前で用意する必要があります。 例えば、下記のような Dockerfile を自前で作成します。

FROM buildpack-deps:bullseye

#
# 下記はNode.jsの公式イメージのDockerfileからコピペしたもの
# https://github.com/nodejs/docker-node/blob/master/15/buster/Dockerfile
#
RUN groupadd --gid 1000 node \
  && useradd --uid 1000 --gid node --shell /bin/bash --create-home node

ENV NODE_VERSION 15.4.0

RUN ARCH= && dpkgArch="$(dpkg --print-architecture)" \
  && case "${dpkgArch##*-}" in \
  amd64) ARCH='x64';; \
  ppc64el) ARCH='ppc64le';; \
  s390x) ARCH='s390x';; \
  arm64) ARCH='arm64';; \
  armhf) ARCH='armv7l';; \
  i386) ARCH='x86';; \
  *) echo "unsupported architecture"; exit 1 ;; \
  esac \
  # gpg keys listed at https://github.com/nodejs/node#release-keys
  && set -ex \
  && for key in \
  4ED778F539E3634C779C87C6D7062848A1AB005C \
  94AE36675C464D64BAFA68DD7434390BDBE9B9C5 \
  1C050899334244A8AF75E53792EF661D867B9DFA \
  71DCFD284A79C3B38668286BC97EC7A07EDE3FC1 \
  8FCCA13FEF1D0C2E91008E09770F7A9A5AE15600 \
  C4F0DFFF4E8C1A8236409D08E73BC641CC11F4C8 \
  C82FA3AE1CBEDC6BE46B9360C43CEC45C17AB93C \
  DD8F2338BAE7501E3DD5AC78C273792F7D83545D \
  A48C2BEE680E841632CD4E44F07496B3EB3C1762 \
  108F52B48DB57BB0CC439B2997B01419BD92F80A \
  B9E2F5981AA6E0CD28160D9FF13993A75599653C \
  ; do \
  gpg --batch --keyserver hkp://p80.pool.sks-keyservers.net:80 --recv-keys "$key" || \
  gpg --batch --keyserver hkp://ipv4.pool.sks-keyservers.net --recv-keys "$key" || \
  gpg --batch --keyserver hkp://pgp.mit.edu:80 --recv-keys "$key" ; \
  done \
  && curl -fsSLO --compressed "https://nodejs.org/dist/v$NODE_VERSION/node-v$NODE_VERSION-linux-$ARCH.tar.xz" \
  && curl -fsSLO --compressed "https://nodejs.org/dist/v$NODE_VERSION/SHASUMS256.txt.asc" \
  && gpg --batch --decrypt --output SHASUMS256.txt SHASUMS256.txt.asc \
  && grep " node-v$NODE_VERSION-linux-$ARCH.tar.xz\$" SHASUMS256.txt | sha256sum -c - \
  && tar -xJf "node-v$NODE_VERSION-linux-$ARCH.tar.xz" -C /usr/local --strip-components=1 --no-same-owner \
  && rm "node-v$NODE_VERSION-linux-$ARCH.tar.xz" SHASUMS256.txt.asc SHASUMS256.txt \
  && ln -s /usr/local/bin/node /usr/local/bin/nodejs \
  # smoke tests
  && node --version \
  && npm --version

ENV YARN_VERSION 1.22.5

RUN set -ex \
  && for key in \
  6A010C5166006599AA17F08146C2130DFD2497F5 \
  ; do \
  gpg --batch --keyserver hkp://p80.pool.sks-keyservers.net:80 --recv-keys "$key" || \
  gpg --batch --keyserver hkp://ipv4.pool.sks-keyservers.net --recv-keys "$key" || \
  gpg --batch --keyserver hkp://pgp.mit.edu:80 --recv-keys "$key" ; \
  done \
  && curl -fsSLO --compressed "https://yarnpkg.com/downloads/$YARN_VERSION/yarn-v$YARN_VERSION.tar.gz" \
  && curl -fsSLO --compressed "https://yarnpkg.com/downloads/$YARN_VERSION/yarn-v$YARN_VERSION.tar.gz.asc" \
  && gpg --batch --verify yarn-v$YARN_VERSION.tar.gz.asc yarn-v$YARN_VERSION.tar.gz \
  && mkdir -p /opt \
  && tar -xzf yarn-v$YARN_VERSION.tar.gz -C /opt/ \
  && ln -s /opt/yarn-v$YARN_VERSION/bin/yarn /usr/local/bin/yarn \
  && ln -s /opt/yarn-v$YARN_VERSION/bin/yarnpkg /usr/local/bin/yarnpkg \
  && rm yarn-v$YARN_VERSION.tar.gz.asc yarn-v$YARN_VERSION.tar.gz \
  # smoke test
  && yarn --version
#
# Copied from official docker file END
#

この Dockerfile の末尾に自分の Dockerfile を追記するか、あるいは上記で作成したイメージを使ってコンテナを走らせれば、プレビルドされたsharpがダウンロードされ、スムーズに問題なく動作します。

総括

これさえクリアできれば ARM ネイティブで動かせるプロジェクトが結構あって嬉しい!

profile

田村 翔太

Yuuniworks代表。島根県浜田市を拠点に活動するフルスタックエンジニアです。Python/Node.js/GoによるAPIの開発、React/Vue.js等によるSPAの開発などを行っています。

記事一覧に戻る